電車通学時の防犯のために子供が気を付けるべき点

新生活とともに電車通学を始めるお子さまも多いと思いますが、これまでひとりで電車に乗った経験のないお子さんが少なくないと思いますので、親として心配になってしまうのも無理はありません。では電車通学をスタートする前に、家庭でどのような準備ができるのか。大切な子どもが安全に電車通学できるように、防犯について考えていきたいと思います。まずは危ない目に遭わないために予め親子で防犯意識を高めることが必要です。親子で通学の約束事を作っておきましょう。特に低学年のうちは自己判断が難しい年齢でもあります。防犯意識を高める時間をたくさん取るようにしましょう。防犯についての知識がついたら、防犯グッズなども使うことを考えます。子どもがとっさの時に使えなければ意味がありませんので、実際にきちんと使えるか確認してから購入するといいと思います。

防犯意識を高く持つことを心掛ける

電車通学が決まったら、人通りの少ない場所、空き地や空き家、駐車場、見通しの悪い通り、周りから見わたせない公園などの危険な場所と交番、子供110番の家、コンビニやファミレス、明るくて人通りの多い通り、図書館や児童館などの安全な場所を自宅から学校までのルートにないか確認しましょう。おすすめは比較的電車が空いている日中と登下校と同時刻での確認です。日中はゆっくりと先程挙げた危険な場所と安全な場所の確認ができます。また、登下校と同時間に下見をすることで人の流れや外の明るさの違いや、死角となりやすい場所なども知ることができます。時間帯が変わることで街の雰囲気が変わり、見えるものが違うこともわかると思います。危険を回避する力をつけてあげることも防犯に繋がります。親子でゆっくりと防犯対策を学んでいけるようにしましょう。

防犯に役立つグッズをご紹介します

防犯意識が高くなったら、防犯グッズを持たせることも視野に入れましょう。親として現在地を知ることはとても重要です。防犯ブザーやGPS機能など防犯グッズも多く販売されています。現在地がすぐにわかる、GPS機能がついた携帯電話を持たせる方も多いと思いますが、学校次第で携帯電話の持ち込みを制限している学校もあります。そこでおすすめなのが、通学定期券を利用したものです。自宅の最寄り駅、降車駅の改札にかざすと通過の連絡が届くようになっています。現在地までは分かりませんが、改札の通過時刻を知ることが出来るので、乗車前後の様子を知ることができます。今は様々な防犯グッズが販売されているので、ご家庭にあったものを携帯させるといいと思います。このように電車通学における防犯についてご説明させて頂きました。今後、お子さまが電車通学をされる時に参考にしてみて下さい。