電車通学時に役に立つ防犯グッズの紹介

お子様がいるご家庭では、子供のための安全を考えるあまり、帰宅時間が遅くなるに従っていろいろとご心配され、お迎えをわざわざされるような親御さんも多いものです。子供が成長して学校に通う頃には、行動範囲もまた一段と広がり、受験などを経て校区外の遠い学校へと通学をするようになるお子様もさらに多くなります。遠い学校へは電車通学をすることになりますので、家や学校などを離れてひとりで電車を乗っての通学を余儀なくされることもあります。けれども近年のニュースなどでは、子供の安全が脅かされる事案も多いですので、少しでも電車通学での不安を解消するためには、お子様の成長に合わせて最適な防犯グッズなどを活用したいと考えるご家庭も多いはずです。メーカーからは様々なグッズが出ていますので、よく検討をされると良いです。

お子様の防犯意識を高めて電車通学にグッズを利用する

電車通学での防犯対策にグッズを使うことは、多くのご家庭でも一般的なことです。商品も各メーカーから多く売られていますので、できればご一緒に店舗で見て確認をするなどして検討してみるのも良いことです。お子様に防犯グッズを持たせることで、特に電車通学に慣れていない子の不安感を少しでも減らすことができますし、お子様と安全対策についてじっくりと話し合う機会もできます。危険な時にはそれらのグッズを使って、どのように行動をするかを事前に練習しておき、自分で自分の身を守る習慣や、迷わずグッズを利用できるように、保護者の方から話して聞かせることは大切です。昔から人気のある防犯グッズとしては、ボタンを押したり紐を抜いたりすると、大きなブザー音が鳴り、周囲に危険を知らせたり、不審者を驚かせることで身を守れるタイプのグッズが広く利用されています。

電車通学で改札を通過する時には通知で防犯する

改札で定期券を利用する時に、お子様が改札口でかざすと、駅の自動改札機を利用したという通知が、保護者の方へとメールなどで知らせてくれるシステムもあります。これだと、改札を通過した時刻や利用した駅などをすぐに知らせてくれるサービスですので、離れているお子様の動きがわかって安心できます。電車通学をするたびに、お子様が今どこの改札を通過したのかがわかり、防犯にも大変心強いのでお勧めです。改札口でかざすだけのグッズというのも、幼い子供でも簡単に利用ができますし、パソコンやスマホなどからいつでもリアルタイムでの確認をすることが可能ですので、保護者も不安が解消されて精神衛生にも良いはずです。まずはお子様と防犯の大切さをしっかりと話し合って、使いやすいグッズを一緒に選びながら安全対策をしていくことが必要です。