電車通学の子供に親が教えるべき防犯知識

幼稚園まではいつも親のそばに居た子供も、小学校に通い始めるようになると、私立受験に合格し、地元の小学校ではなく、少し遠い学校に通う子供も出てきます。幼稚園時代の様に親のお迎えがなくなると、子どもが自分で毎日の通学路を行き来することになります。特に私立の小学校などに通う場合には、遠くの学校に通うことになることも多く、電車通学を始めることになります。そうなると、親にとって、通学間での防犯の心配が新たに出て来ることになります。最近は、小さな子供の通学途中での犯罪も良く耳にします。しっかりと子供に言い聞かせたとしても、安心できるものではありません。そこで、少しでも親の心配を軽減するために、電車通学における防犯対策や防犯グッズについて説明します。子供と一緒に是非検討してみて下さい。

電車通学において役に立つ防犯ブザー

遠い学校へ電車通学をしている子供に防犯グッズを持たせることが出来れば、親にとっては心強いです。最近は、どこの学校や地域でも防犯グッズの導入が推奨されています。防犯グッズは多くのメーカーから様々な種類が販売されていますが、万が一、子供が危険な状態に陥った時、それらを使って身を守ることが出来ます。一番メジャーなグッズとしては、防犯ブザーが挙げられます。防犯ブザーは昔から使われており、広く普及しているので、子供の必需品です。小学生の様な小さな子供でも扱いやすく、手にも馴染みやすいサイズの物が多くあります。服やランドセルにも携帯しやすく、邪魔になりません。防犯ブザーを択ぶ時は、見た目よりも使いやすく音が大きいブザーが、周囲に危険を知らせることが出来ます。子供は活発なので壊れにくく、防水機能が付いたものが良いです。

電車通学において役に立つGPS機能が付いたグッズ

電車通学の子供に持たせたい防犯グッズの1つとして、GPS機能が付いたブザーや携帯電話があります。GPS機能が付いていれば、安心度が増すことは間違いありません。通学途中の子どもの居場所をGPS機能が認識して教えてくれるので、すぐにどこにいるか分かるため、防犯の役目を果たします。GPS機能が付いた子供用の携帯電話が人気ですが、もちろん月々の費用が発生するので、よく検討して上手に利用することをお勧めします。また、電車を利用する際に必ず使用するICカードも防犯に役立ちます。自宅の最寄り駅、目的地の降車駅などの改札を通過するとメールでお知らせしてくれるサービスです。改札を通過した時間が分かるので、帰ってくる時間目安をしることが出来ます。子供にあった防犯グッズを選んで下さい。